2008年02月02日

「生命」

生きるから死ぬのさ
全ては生きて、死にます
おいもわかきも生きまくれ
老いも若きもいきまくれ
とことん生きてやれ
死ぬまでとことん、生命、生命、生命、生命
ふるえ、こごえるな
ふるえ、こごえるな
ふるえ、こごえるな
とうしするな、心
とうしするな、心
とうしするな、心
生きるから死ぬのさ
死ぬまでとことん、生命、生命、生命、生命
とことん生きてやれ
とことん生きてやれ
とことん生きてやれ
命くさるな
命くさるな
命くさるな
死ぬまでとことん、生命、生命、生命、生命
青い空白い雲、広い広い空
青い空白い雲、広い広い空
青い空白い雲、広い広い空
さけんでみろ、生きてやれ
さけんでみろ、生きてやれ
さけんでみろ、生きてやれ
死ぬまでとことん、生命、生命、生命、生命
死ぬまでとことん、どこまでもあゆめ、歩け歩け
老いも若きも生きぬけ生きぬけ生きまくれ
老いも若きも生きぬけ生きぬけ生きまくれ
老いも若きも生きぬけ生きぬけ生きまくれ
タグ:生命
posted by 青木正太郎 at 01:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「そこにこころはあるのかい」

あんたはあんたは悪党かい
あんたさんよ悪党かい
人を憎むなんぞ、ばかばかしすぎるぜ
   悪、悪、悪にそまるのか
どす黒い心は暗闇すぎてなんにも見えないさ
そこに慈悲の心はあるのかい
そこに慈悲の心はあるのかい
そこに慈悲の心はあるのかい
そこに慈悲の心はあるのかい
そこに慈悲の心はあるのかい
君だよ君さ
そこに慈悲の心はあるのかい
タグ:こころ
posted by 青木正太郎 at 02:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「よくわからんわからん」なにこれ詩

ラピティラピティモナモナモナコ
 これなんのうたなのかうたなのかな
ラピティラピティコナコナコナコヨコヨコ
 これなんのうたなのかうたなのかな
グルコグルコぐるぐるまわるまわるかな
 よくわからん詩を書いてる自分です
 こんなうたも詩もあるのかな
 まったくいみなどないから・ないのさ
 思いつきで思いつきであります
 思いつきで書いたのであるぞ
それでそれでそれでなんなのなんなのか
アラビキコナビキアラビキコナビキヨナコ
アランビキココナビキココナコナコナコヨ
アラグキックヤンヤンヤンナ
アラグキックヤンヤンヤンナ
「この詩はいったいなんなのや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「自分でもわからんわからんのや」
タグ:
posted by 青木正太郎 at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まるい大きな地球で生きてるよ」

 ぼくは今日、今を生きている
われらは今日、今を生きている
大自然とともにこの地球の中で生きてる
人間もわらっているよぼくも君たちもさ
人間もわらっているよ花も花も森もさ
根をはり、大地に、人間よ大自然よ
生きぬけ、光がさす君にぼくにと
かがやけ、かがやけ生命よ生命よ心、命
かれるまでしょくぶつよ生きぬけ生きぬくのだ!!
人間よ命、命終わりゆくしゅんかんまで
生きまくれ、生ききれ、しゅんかんまで
人間よ命、命終わりゆくしゅんかんまで
生きまくれ、生ききれ、しゅんかんまで
大自然を守りゆくのさわれらみんなで
このまるい大きな地球を守るみんなと心より
どくさいしゃにならないでおくれ
みにくいどくさいしゃにならないでおくれ
地球の中ですべてはあゆみ生きてるのさ
大地をふみしめたしかなる道を生きてゆこうではないか
われらみなじんかくの心の命ある人間だもの

posted by 青木正太郎 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生きるんだ」

 苦しい苦しいそれでもいきるのかよ
 苦しい苦しいそれでもいきるのかよ
せつないそれでもいきるのかよ
せつないそれでもいきるのかよ
かなしいけどそれでもいきるのだろうか
かなしいけどそれでもいきるのでしょうか
しにたいけど生きる生きる、それでも生きる
しにたいけど生きる生きる、それでも生きる
しにたいけど生きる生きる、それでも生きる
しにたいけど生きる生きる、それでも生きる
しにたいけど生きる生きる、それでも生きる
命あるから、命あるから、それでも生きる
命あるから、命あるから、それでも生きる
ハートある、ハートかけても生きる生きる
ハートある、ハートかけても生きる生きる
ハートある、ハートかけても生きる生きる
バカ男でもバカ男でも、バカやろうでもよ
バカ女でもバカ女でも、バカやろうでもよ
それでもそれでもそれでも生きるんだ!!
 「あきらめはしがまっているから」
 作者メッセージ→
タグ: 生きる
posted by 青木正太郎 at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

作者プロフィル

aokis.jpg昭和49年東京都町田生まれ。
 父:フランス人画家。
母:日本人。
4度の知的障害。
詩人を目指し、東京の下北沢などで時々自作の朗読をしています。



2006年8月度、日本文学館 「ポエム大賞」審査員推薦賞入選(優秀賞1名、審査員推薦賞2名、佳作5名)
受賞作「青木正太郎 作 詩5編」
評「とても斬新な発想で、深いテーマ性を描いた秀作です。また、自然な言葉のリズムに読み手を惹きつける独特の雰囲気があり、これには光る執筆センスを感じます。」
「詩集 協奏曲〜第3楽章〜」(2007年春 日本文学館)

おたよりお待ちしてます
FAX:0427−25−3798(10時〜17時)
東京都町田市本町田3549-3ふじの台団地2-27-101
青木正太郎


 

タグ:
posted by 青木正太郎 at 00:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

私は生きる事を諦めない

私はかこくで、苦しくても生きることをやめない
諦め、諦め、諦め死にはしないぞ
諦め、諦め、諦め自殺しないぞ
私は人をみくだしはしない
自分は人より能力少ないのは事実さ
でもでも人生リセットしたくはない
でもでも人生リタイヤしてしまいたくはない
私はかこくで、苦しくても生きる事をやめない
手がなくても生きてゆけるのさ
足がなくても生きてゆけるのさ
目が見えなくても生きてゆけるさ
耳が聞こえなくても生きてゆけるさ
ふじゅうな部分があろうとも生きることはできるさ
何時までも泣くな。泣くな。泣くな。泣くな
生きて生きて生きて生きて生きまくるんだ!!!
命、生命よ生きろ生きろ生きろ!!!!!
((いのち。せいめい))

名も無き詩人より、自分へ人々へ送る詩
追記
タグ:生きる
posted by 青木正太郎 at 02:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

生きる事を捨てるな

自分、自分だけはと思うなよ
辛くても、辛くてもいきろよ
死ぬことはないぜ・心よ命
死ぬことはないぜ・心よ命
生きてみろよ、生きてみろよ!!!!
はるかかなたのゴール目指しーーーーーーーーー
走れ、走れ、走れ、走れ
生命から汗よ吹き出しまくれ
歩け、歩け、歩け、歩け
生命から汗よ吹き出しまくれ
生きる事を捨てるな

こころ
タグ:生きる
posted by 青木正太郎 at 22:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つらくても・たのしくてもおまえだ!!

ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
心の強い人は心からなくだろうと思うさよ
心の強い人は心からなくだろうと思うさよ
ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
ナンバーワンにならなくてもいいさいよ
自分だけのもの心だハートだそのかお
自分だけのもの心だハートだそのかお
自分だけの命とけつえきだから自分の体
自分だけの命とけつえきだから自分の体
己は一生己なのですから、己の生命さー
君は一生君なのですから、君の生命さー
前にすすみゆくのみなのだ〜〜〜〜〜
ぜんしんあるのみなのだ人生ぜんしん
ぜんしんあるのみなのだ人生ぜんしん
くるしくても楽しくても生きて生きて、生きるぜんしんすすめ〜〜〜〜〜〜〜


タグ:生きる
posted by 青木正太郎 at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。